霧月の執筆道場

メインブログに統合のため7/27閉鎖予定。ありがとうございました。

思い切って辞めてスッキリしたこと

前回とは別の話です。 先程、長年違和感を感じていたメルマガを解除した。 というか、私が登録していたメルマガは全部薄々違和感を感じていたので、全解約である。 長年違和感を感じていたけど、言ってることは間違ってないと思っていたから解除できなかった…

思い切ってと言うか、辞めたくなって辞めたこと

お題「思い切ってやめてみた事」 思い切って辞めてみたこと。 最近あきらかにやらなくなったのは「目に見えない系統のもの全部」かもしれない。 私は宗教は好きではない。 でも、元々、子供の頃は、宗教ではないが親が好きだったからか、スピ系や占い、寺社…

結構スッキリするカード類の断捨離

先月、思い立って銀行口座のデビットカードを解約した。 確か住所変更をしに銀行に行った時に、銀行員に勧められて作ったものだったと思う。実際はほぼ使っておらず、私の生活スタイルには合わないと判断した。また、このカードは規定金額に達しないと年会費…

「メモ」といわれて思い出す記憶と、今感じている効能

今週のお題「メモ」 私は元々メモを取るのは嫌いではなかったのだが、メモを取っている姿を見られるのが好きではなかった。もっと言えば、メモそのものを見られることに抵抗があった。 学生や新卒の頃、メモを取れと言われてもその場で取るのにかなり抵抗が…

人生の選択肢が増えた現代で、選ぶ自由と選ばない自由

昔、ワーキングホリデーに行きたいと思っていた時期があった。 ワーキングホリデーという、一言で言えば他国に仕事しながら勉強や観光に行ける制度である。 最近、朝起きて唐突にそのことを思い出した。 私は今アラサー20代であり、年齢的には間に合うし資金…

眠れない日に試した中である程度効果があったものなど

お題「なんだか眠れない・・・でも寝酒はしたくない。スッと寝付ける方法ないでしょうか?」 本日はこちらのお題について考えてみたいと思う。 だが、私も不眠症気味なので私が知りたいところではある。苦笑 以下は全て「常に効く」とまでは言えないのだが、…

人間は希望も絶望も与えられる存在である

本日は内容重めの日記です。 生々しい描写は避けているつもりですが、全体的に暗めです。 念の為ご注意ください。 * 今日は気が重い用事を片付けてきた為、それで精一杯の日だった。 打ち合わせ場所まで片道高速一時間。 桃色の高速道路に桜を散らす雨は容…

「一生結婚しない」と言い切る自由のある世界

今日偶然『「一生結婚するつもりはない」の割合が過去最高』というニュースを見かけた。 半年前のニュースなので決して新しくはないが、そういう傾向が強くなるのは仕方がないと思う。 この質問は「いずれ結婚するつもり」「一生結婚するつもりはない」の2…

選挙カーの音が賑やかな季節になって思うこと

選挙が活発だ。 体感だが、近年割と静かになったような気がしていた。選挙カーを見ることも少なかったし、見てもいろいろと声をかけていないことが多かった。 それが、今回は選挙も昔のように声を出しアピールしていることが多い。 個人的には静かな方が良か…

旅先で増えるモンベルのご当地Tシャツコレクション

全国的な知名度は不明だが、全国に「mont-bell(モンベル)」というアウトドア専門店がある。 私がアウトドアに興味がなかった時代は、以前住んでいた家から歩いていけるほど近くに店舗があったにも関わらず、このブランドを知らなかった。視界には間違いな…

春のドライブと花粉症の辛さ

昨日はドライブに行った。 前々から決めていたわけではなく、昨日行く直前に決めたルートで回った。 今回は主に道の駅のスタンプラリーが目的である。 今、私は道の駅スタンプ帳を三冊持っている。北陸3県と、中部地方、関東地方の3冊である。そのうち、北陸…

「子供は贅沢品」と言われる昨今に思うこと

今日、子供は贅沢品という言葉を見たが、それは今始まったことではないと私は思っている。 結婚までは縁であり、流れが存在し、選択と言い切れないこともある。しかしその先は、今の時代は”選択”である。 あくまでも「誰にとっても絶対に人生に必須な事項」…

「恋は3年で冷める」は常に真実なのか

恋愛に関する格言は数え切れないほどあるが、本日は主に「恋は3年で冷める」という説について考えていきたいと思う。 まことしやかに囁かれているこの定説ではあるが、必ずしも100%とは言えないのもまた事実ではないだろうか。 確かに身内や知り合いの中で…

待ち遠しい花見の季節と桜の記憶

今週のお題「お花見」 お花見は桜以外にも梅なども含まれると思うが、お題の絵文字が桜だったので桜を想定して書こうと思う。 私の住んでいる地域は寒いほうなので、今年はまだそんなに桜を見ていない。咲きはじめているのを見ることはあるが、少なくとも満…

納得のいく文章を書くために十分な睡眠は必要

最近の話だが、寝る直前に文章を書いていると、仕上がった後も何故か新規記事等を頭の中で書き続けていて結果的に2時間ほど寝られないことがある。 今月は文章に触れる時間が長くなったので、余計にそうかも知れない。 新入社員の時に夢の中でも仕事している…

長距離ドライブがご無沙汰な今日この頃

今日は偶然某所でドライブの話を見たので、今日はドライブの話を書いてみようと思う。 私は元々、一般よりは結構な長距離を走っていた方だった。しかし環境が変わり、ここ半年ほどは殆ど走っていないと言っていいくらい運転時間が減っている。 通勤にも、気…

「高校生に戻ったらしたいこと」を現実的に可能そうな路線で考えてみた

お題「高校生に戻ったらしたいこと」 高校時代は私にとっては制限が大きすぎて(実家が厳しすぎたので)、今戻ったところでできることはそんなに変わらないと思う。 それを踏まえて…。 それでも、今の私が当時の私にアドバイスをしたら、もう少し充実するこ…

実家の毒親で悩んでいる場合、家を出ることの重要性は計り知れない

居住場所(家など)で過ごす時間がある以上、その環境内で例えばDVなどが日常であれば、それ以外の生活にも支障をきたさざるを得ない。 私の場合は実家が概ねそんな環境だった。 家を出た今、高校生くらいの自分に伝えたいことがあるとしたら、以下のような…

「生理休暇」という制度への疑問

生理休暇は名ばかりで、ただの無給休暇である。 そうではない職場もあるかもしれないが、個人的にはそんな現場しか見たことがない。 休むほどならば、普通に体調不良で休んだほうが良い。 仮に生理休暇の待遇が充実したとしても、生理に対する女性間の理解の…

「恋愛と仕事を天秤にかける」という比喩に思うこと

例えば「恋愛と仕事を天秤にかける」という比喩がある。 女性が男性に聞くことがベタなフレーズとして知られている。 また、このような行為を、男性は嫌うと言われている。 私も男性ならばそうなるような気がする。 しかし、私は女性である。 私は"自分がど…

深夜のコンビニと言えばあの曲を思い出す

10年以上前だが、ニコニコ動画で「コンビニ」という曲が流行ったのをご存知だろうか。 親が寝たのを確認した子供が、暇だから夜中にコンビニに行き、店内を物色し、店員と対決するような話である。 当時は色々なアニメやオリジナルのイラストで手書きMADが作…

毒親関係の問題は世代間の価値観の問題なのか

某所で、親子関係が上手く行かないのは世代が違うからだ、という主張を聞いた。 私は毒親育ちだが、実体験としてこの理論は違うのではないかと思う。 そんなに単純な話ではない。 私は社会に出てから様々な年代の方々とかなり多く接してきた。その経験からか…

平日の決勝戦というジレンマを抱えた、価値のある特別な一日

今日、最近良く通っている、近所のラーメン屋の前を偶然にも通ることがあった。 しかし、今日は定休日になっていた。 背脂が美味しいので最近ハマっていたが、定休日というのはあまり見たことがない。 確認することは叶わないが、今日のWBC決勝を見るためだ…

ゲレンデまで溶かす春の陽気とWBCの熱気

今日は、今シーズン最後のゲレンデに行くことになった。 今シーズン訪れたゲレンデは、前回までは全て同じ場所だった。 しかし雪の状態が前回でギリギリという感じであり、かなり緩んで滑りにくくなっていたことと、今日は流石に最後ということで違う場所に…

育った環境が違う者同士が一緒に暮らすという面白さと理不尽さ

私は、彼と同居中だが、最低4年は一緒に暮らしている。 私が徐々に彼の家に行く機会が増え、いつからか自分の家にほぼ帰らなくなっていたので、この生活が始まった時期というのがいまいち判然としない。 彼は関西地方出身、私は中部地方出身である。 私に関…

表現としての純粋な「書く」ことへの思い

4年程前になるが、これと似た文体で、とあるSNSに文章を上げていた時期があった。 最後にフルタイムで働いた時期でもある。 あの時期は私の勤務生活でも、良くない意味での印象が強く残っている方だ。 一言で言えば、業務上一番関わる女性のパワハラ、モラハ…

経験してきた環境で「雪」に対しての印象も違う

私は雪国出身在住である。 3月なので雪も溶け始めている時期だが、今日は雨が混ざったような雪が朝から降っていて驚いた。 天気が良い日が続いていたので、今月タイヤ交換をしかけていた程だ。 しかし、今日の雪により一部チェーン規制が行われていたので、…

義理チョコの甘いお返しで、苦い子供時代の思い出が蘇る

今週のお題「あまい」 今日はお題で書きます。ちょうど甘いものを食べながら書こうとしていたので。 ******** 今、手元にあるものは、バレンタインの義理チョコのお返しで頂いたMary'sのチョコレートである。 これは義理なので別に問題はなく、不満…

非正規より給料の低い正社員のモチベーションを保つことはかなり難しい

私は、20代後半の女性である。 最初に社会に出てから10年ほど経つが、私が仕事をしてきた中小企業の職場では、若年層(同年代)の離職率がとても高かった。 ひとつ言えるのが、給料の低さである。 若年層の正社員定着率を上げるためには、最低でも時給換算し…

親の「金がない」は真実とは限らない

「金がない」という親は決して少なくないだろう。 小さいうちはその言葉を無条件に信じる場合も多い。 実際のところ、本当にないのか、計画性がないだけなのか、それとも将来のために貯めてくれているのかなどは、成人する頃には分かる話である。 長くなるが…