霧月の執筆道場

文章の習慣付けと練習用のブログです。内容はノンフィクション寄りの雑記(Essay)。

2023-03-01から1ヶ月間の記事一覧

待ち遠しい花見の季節と桜の記憶

今週のお題「お花見」 お花見は桜以外にも梅なども含まれると思うが、お題の絵文字が桜だったので桜を想定して書こうと思う。 私の住んでいる地域は寒いほうなので、今年はまだそんなに桜を見ていない。咲きはじめているのを見ることはあるが、少なくとも満…

納得のいく文章を書くために十分な睡眠は必要

最近の話だが、寝る直前に文章を書いていると、仕上がった後も何故か新規記事等を頭の中で書き続けていて結果的に2時間ほど寝られないことがある。 今月は文章に触れる時間が長くなったので、余計にそうかも知れない。 新入社員の時に夢の中でも仕事している…

長距離ドライブがご無沙汰な今日この頃

今日は偶然某所でドライブの話を見たので、今日はドライブの話を書いてみようと思う。 私は元々、一般よりは結構な長距離を走っていた方だった。しかし環境が変わり、ここ半年ほどは殆ど走っていないと言っていいくらい運転時間が減っている。 通勤にも、気…

「高校生に戻ったらしたいこと」を現実的に可能そうな路線で考えてみた

お題「高校生に戻ったらしたいこと」 高校時代は私にとっては制限が大きすぎて(実家が厳しすぎたので)、今戻ったところでできることはそんなに変わらないと思う。 それを踏まえて…。 それでも、今の私が当時の私にアドバイスをしたら、もう少し充実するこ…

実家の毒親で悩んでいる場合、家を出ることの重要性は計り知れない

居住場所(家など)で過ごす時間がある以上、その環境内で例えばDVなどが日常であれば、それ以外の生活にも支障をきたさざるを得ない。 私の場合は実家が概ねそんな環境だった。 家を出た今、高校生くらいの自分に伝えたいことがあるとしたら、以下のような…

「生理休暇」という制度への疑問

生理休暇は名ばかりで、ただの無給休暇である。 そうではない職場もあるかもしれないが、個人的にはそんな現場しか見たことがない。 休むほどならば、普通に体調不良で休んだほうが良い。 仮に生理休暇の待遇が充実したとしても、生理に対する女性間の理解の…

「恋愛と仕事を天秤にかける」という比喩に思うこと

例えば「恋愛と仕事を天秤にかける」という比喩がある。 女性が男性に聞くことがベタなフレーズとして知られている。 また、このような行為を、男性は嫌うと言われている。 私も男性ならばそうなるような気がする。 しかし、私は女性である。 私は"自分がど…

深夜のコンビニと言えばあの曲を思い出す

10年以上前だが、ニコニコ動画で「コンビニ」という曲が流行ったのをご存知だろうか。 親が寝たのを確認した子供が、暇だから夜中にコンビニに行き、店内を物色し、店員と対決するような話である。 当時は色々なアニメやオリジナルのイラストで手書きMADが作…

毒親関係の問題は世代間の価値観の問題なのか

某所で、親子関係が上手く行かないのは世代が違うからだ、という主張を聞いた。 私は毒親育ちだが、実体験としてこの理論は違うのではないかと思う。 そんなに単純な話ではない。 私は社会に出てから様々な年代の方々とかなり多く接してきた。その経験からか…

平日の決勝戦というジレンマを抱えた、価値のある特別な一日

今日、最近良く通っている、近所のラーメン屋の前を偶然にも通ることがあった。 しかし、今日は定休日になっていた。 背脂が美味しいので最近ハマっていたが、定休日というのはあまり見たことがない。 確認することは叶わないが、今日のWBC決勝を見るためだ…

ゲレンデまで溶かす春の陽気とWBCの熱気

今日は、今シーズン最後のゲレンデに行くことになった。 今シーズン訪れたゲレンデは、前回までは全て同じ場所だった。 しかし雪の状態が前回でギリギリという感じであり、かなり緩んで滑りにくくなっていたことと、今日は流石に最後ということで違う場所に…

育った環境が違う者同士が一緒に暮らすという面白さと理不尽さ

私は、彼と同居中だが、最低4年は一緒に暮らしている。 私が徐々に彼の家に行く機会が増え、いつからか自分の家にほぼ帰らなくなっていたので、この生活が始まった時期というのがいまいち判然としない。 彼は関西地方出身、私は中部地方出身である。 私に関…

表現としての純粋な「書く」ことへの思い

4年程前になるが、これと似た文体で、とあるSNSに文章を上げていた時期があった。 最後にフルタイムで働いた時期でもある。 あの時期は私の勤務生活でも、良くない意味での印象が強く残っている方だ。 一言で言えば、業務上一番関わる女性のパワハラ、モラハ…

経験してきた環境で「雪」に対しての印象も違う

私は雪国出身在住である。 3月なので雪も溶け始めている時期だが、今日は雨が混ざったような雪が朝から降っていて驚いた。 天気が良い日が続いていたので、今月タイヤ交換をしかけていた程だ。 しかし、今日の雪により一部チェーン規制が行われていたので、…

義理チョコの甘いお返しで、苦い子供時代の思い出が蘇る

今週のお題「あまい」 今日はお題で書きます。ちょうど甘いものを食べながら書こうとしていたので。 ******** 今、手元にあるものは、バレンタインの義理チョコのお返しで頂いたMary'sのチョコレートである。 これは義理なので別に問題はなく、不満…

非正規より給料の低い正社員のモチベーションを保つことはかなり難しい

私は、20代後半の女性である。 最初に社会に出てから10年ほど経つが、私が仕事をしてきた中小企業の職場では、若年層(同年代)の離職率がとても高かった。 ひとつ言えるのが、給料の低さである。 若年層の正社員定着率を上げるためには、最低でも時給換算し…

親の「金がない」は真実とは限らない

「金がない」という親は決して少なくないだろう。 小さいうちはその言葉を無条件に信じる場合も多い。 実際のところ、本当にないのか、計画性がないだけなのか、それとも将来のために貯めてくれているのかなどは、成人する頃には分かる話である。 長くなるが…

宮沢賢治のTシャツと、初恋の君の記憶

特別お題「今だから話せること」 今日は特別お題で書きます。 小学校最後の年だった。 その時、校内ではドッジボール一色だった。 その彼は運動神経が良く、容姿はとある著名なボクサーに似ていた。 宮沢賢治の詩が入った少し大きめのTシャツを着ていること…

神社巡りをやめた、という話

頻度はそもそも徐々に落ちていたが、敢えて神社を巡るのをやめることにした。 初詣や旅行で行く流れになった時などは特に拒む気はないが、今後は当面そういったお付き合いの時だけになるだろう。 私はとある同じ目的の為に3年ほど神社を巡っていた。 半分趣…

「春眠暁を覚えず」はやはり概ね正しい、と思う

私は一応雪国で生活している。 雪がまだ残っているとは言え、この冬通ったゲレンデの雪は既に半ば溶け、シャーベットのように重くなっていた。 商業施設や街で見る商品も、桜をとにかく推すようになって久しい。 本物の桜を見る時期になったら、もう桜は飽き…

12年前の追憶

書いて良いのか悩む内容ですが、これまで一度もどこにも書いたことがないので書いてみたいと思います。 ***** 毎年この時期になると思い出すが、今回で12回目になることがあまり信じられないでいる。 12年前、私はまだ学生で春休みだった。 あの日私は…

「人の出会い」という不思議を振り返ってみる

私の話になるが、私がかつて好きだった声優がいる。 元は私が好きだったキャラクターの声優だったが、派生して他の出演作も観るようになった。 一度だけではあるが、片道3〜4時間ほどかけて、直接声を聴きに行ったこともある。 何度も聴き込むにつれ、その声…

夜明け前の暗さは、意外と人に優しかった

私は、今がちょうどそういう時期なのか、 初めから持っていた本心なのかは曖昧だが、 正直、朝、目覚めたくない。 そう思う日がかなり多い。 日の出後の朝早い時間が特に嫌いだ。 この世界を一番拒絶したくなる時間。 ここから始まる一日は、長い。 何年も朝…

税収が潤っている市町村は想像以上に住みやすいという衝撃

私が今住んでいる自治体は、詳しく調べてはいないがおそらく税収が潤っている方なのだろう。その心当たりはあるので、敢えて調べずとも、きっとそうなのだろうと思う。 これまで2度引越しをしたが、少なくとも過去に住んだ歴代の自治体よりは潤っているよう…

少子化は時代の流れであり人為的対策は困難という説

私が適齢期というのも有り、ここ数ヶ月ほど、子供について考えていた。 実際にどうするかは別として、「子供について考える」事自体は本能なのだと思う。 私の環境としては、相手はいるので”私が望みさえすれば不可能ではない”ような状態。 不妊かどうかなど…

散々見知った場所に落ちていた、知らなかったもの

ここ2〜3年ほどになるが、とあるYouTuberの動画を見ている。 基本的に私は動画視聴自体がそこまで好きではない。 私が自主的にYouTubeを流すことはほぼ皆無であり、同居中の彼がテレビ代わりに見ているのを一緒に見ているだけである。 自分からは見に行かな…

「環境格差を本人が知るのは大人になってから」というのも格差の一部

今日は昔の友達の誕生日である。 彼女とは保育園から小学校卒業頃まで仲が良かったはずだ。中学までは一緒だった。 彼女とはもう連絡は途絶えている。 彼女の住んでいた実家の場所も知っているし、彼女の家の電話番号は非常にわかりやすい語呂合わせだったた…

希死念慮強めの私が、思うことと対策などをつらつらと。

ひなまつり。 昨日はひな祭りだった。 事実婚同棲中の私がひなまつりをすることはもうなく、今年は何もしていない。 よく考えたらちらし寿司くらい食べればよかったのかもしれないが、最近、食欲がない。2週間ほど前に彼にうつされてコロナになった。 一応、…